介護予防の基礎知識 について

当サイトは、介護ニーズが増加を続ける状況の中で、制度として創設され重要性が高まってくる介護予防についての基礎知識と、関連する施設やサービスについてご紹介しています。

介護ニーズの増加

日本において高齢化社会が叫ばれてから久しくなります。現在、そして今後もこの高齢化社会の流れは加速すると予想されます。それに伴って介護ニーズは、増加し続けており今後増えていくと予想されます。

人材不足が懸念されています

一方、介護福祉士や介護支援専門員、ホームヘルパーといった業界に携わる人材の不足が懸念されています。

また、関連施設である老人保健施設や有料老人ホーム、グループホームも十分な数があるとは言えず、サービスを希望されている入所待ちの方が後を絶たないと言われています。

このような状況が進行しており、今後も在宅介護を支援する訪問、通所(デイサービス)の各サービスは、益々必要性が高まってきます。

予防重視型システムへ

平成12年度からこの増加し続けるニーズを国民全体で支える保険システムとして、介護保険制度が施行されました。そして、平成18年4月介護保険法の一部改正により、予防重視型システムへの転換を図ることへの対策として「新予防給付」「地域支援」の創設が行れました。

これからは、「介護をする」というサービスと、「予防する」という施設や在宅での支援サービスが相まっていくことが、とても大切であると考えられ、益々その重要性が高まっています。

copyright© 2007 介護予防の基礎知識 All Rights Reserved.